最善の医療が身近に受けられるクリニックを目指しています

がん関連

このたび、落ち着きのある文京の街 目白で、がん診療および消化器疾患の専門クリニックを開設しました。従来からある概念を覆し、大学病院やがん専門病院と同水準の診療を身近に受けることができるクリニックを目指しています。近隣の住民の皆さま、目白までのアクセスが苦とならない皆さま、どうぞよろしくお願い申し上げます。

私は、外科学・腫瘍学の専門医として、診断、手術や抗がん剤による治療、緩和ケアから最期の看取りまで実践しながら、これまでに数えきれない多くのがん患者さんたち、そしてそのご家族の方々たちと真摯に対峙してきました。各々の人生観や死生観が交錯する中で、主治医を信頼し「がんを治したい」「1日でも自分らしく生きたい」という願いを全身全霊で傾けてくる患者さんに最善を尽くすことは、専門医師として当然の使命です。これからも生涯を通じ、ひとりでも多くの患者さんが、最善の医療を納得し安心して受けられるよう、がんと明るく共存しながら、より良い生活・人生を過ごせるよう、東京目白クリニックは心から信頼される「かかりつけ医」として貢献していきます。
 一方、消化器内視鏡学の専門医として、苦痛が少ないのは当然のこと、見逃しのない精密な胃内視鏡 (胃カメラ)・大腸内視鏡 (大腸カメラ) 診療を目指しています。
 また、消化器病学・肝臓病学の専門医として、どのような症状・疾患に対しても科学的根拠をふまえながら懇切丁寧な専門的診療を日々心掛けています。
 東京目白クリニックは、これまでになかった質の高い診療が身近に受けることができるクリニックを目指していますので、健康状態について何かお困りのこと、心配なことがございましたら、お気軽にご来院のほどよろしくお願い申し上げます。

腫瘍内科

どのようながん患者さんにとっても、日々の安心・幸福が得られるよう、心から信頼される「かかりつけ医」を目指します。がんを患っていても、お仕事と治療が両立できるよう、しっかりサポートいたします。

  • がん専門病院や大学病院と同じ水準もしくはそれ以上の診療レベルを心掛け、外来で気軽に抗がん剤治療を受けることが可能です。受付から治療開始まで、できる限りお待たせしないで、明るい雰囲気で治療を受けていただきます。
  • 緩和ケアが必要だと言われた患者さん、副作用がつらいと思い悩んでいる患者さんは、気軽にかかりつけ医としてご利用ください。
  • がん手術後の経過観察やフォローもお任せださい。手術が必要な患者さんは、各専門領域のエキスパート外科医と密な連携をとっていますのでご安心ください。

胃腸科・内視鏡内科

あらゆる消化器症状・疾患に対して専門的に対応いたします。経験豊富な専門医による、苦痛が少なく、安全で質の高い胃内視鏡 (胃カメラ)・大腸内視鏡 (大腸カメラ) 診療を行っています。がん検診や健診、ワクチン接種などの予防医学にもしっかり対応いたします。

  • 学識・経験豊富な専門医による胃・大腸内視鏡 (カメラ) 診療を、気軽に安心して受けることができます。
  • ピロリ菌専門診療ならお任せください。一次・二次除菌でダメでも三次除菌まで可能です。ペニシリンアレルギーの方でも対応いたします。
  • エキスパート専門医による安全な日帰り大腸ポリープ切除も可能です。がん化するポテンシャルのあるポリープは見逃しません。
  • 苦痛が少ないのはもちろんのこと、見逃しのない精密な内視鏡診療ならお任せください。

消化器内科・外科

  • どのような消化器症状でも、学識・経験豊富な専門医が診療いたします。
  • 食道・胃・十二指腸・大腸・肛門まで、消化管疾患のことならお任せください。
  • 肝臓・胆のう・胆管・膵臓のことならお任せください。膵臓がんが心配な方でもお気軽に診察を受けてください。
  • 肝臓専門医による、肝炎・肝硬変・肝癌治療を行っています。健診で肝臓の数値が高いといわれた方もお気軽に診察を受けてください。
  • 当クリニックは東京都「難病指定医療機関」です。主な対象疾患は潰瘍性大腸炎です。

これまで、培ってきました専門性、経験、診療スキルを発揮しながら、ひとりでも多くの患者さんの笑顔がみられるよう、益々、精進しながら真摯に取り組んでいく所存です。どうそよろしくお願いいたします。

大場 大

大場 大

東京目白クリニック院長 医学博士 外科学・腫瘍学・消化器病学の専門医。大学病院レベルと遜色のない高度な医療が安心して受けられるクリニック診療を実践しています。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

大場 大

大場 大

外科医 腫瘍内科医 医学博士     1999年 金沢大学医学部卒業後、同第二外科、がん研有明病院、東京大学医学部附属病院肝胆膵外科 助教を経て、2019年より順天堂大学医学部肝胆膵外科 非常勤講師を兼任。2021年 「がん・内視鏡・消化器」専門の 東京目白クリニック 院長に就任。これまでになかった社会的意義のある質の高いクリニックを目指す。書籍、メディア掲載、講演、論文業績多数。

最近の記事

  1. YomiDr.ヨミドクター記事に対する批判的吟味

  2. 国内製薬業界に潜む不都合 5-FU問題

  3. これって進行?奏功? 忘れがちな RECIST 評価についてのまとめ

ランキング

  1. 1

    (再掲)『近藤誠理論』を科学的に吟味する

  2. 2

    お腹が痛い…調べても問題ないから精神科?過敏性腸症候群について

  3. 3

    5月GW明けまでの外来化学療法実績

記事カテゴリー

TOP