セカンドオピニオンの積極的な活用を

がん関連

「がん」という病気は人生を一変させてしまいかねない病です。そして、誰しもが生涯の中で、2人に1人の割合で「がん」にかかるリスクを抱えています。それがひとたび現実のものとして訪れてしまった場合、望むならば治りたいと願うはずです。しかし場合によっては治ることが難しい状況で「がん」が発見されることもあるでしょう。
 もしそうだとしても、一日でも長く愛する家族と一緒に過ごしたい、これまで通りの生活、人生をできる限り維持したい、そのような希望や目標をできる限り支援してくれる最善の医療を希求することは当然です。同時に、医師選びや病院選びも含めて、人生や生死に関する重要な意思決定が個々で求められます。

心配や不安で焦る中、医学情報過多な現状でそれを支援する術として、「セカンド・オピニオン」があります。もはや身近な「お医者さんにすべてお任せ」では立ち行かなくなっているのは事実で、自身の求める最善の医療について正しく考えることの基準を教えてくれる絶好の機会として、気後れすることなくセカンド・オピニオンを大いに活用することは非常に大切なことだと思われます。

セカンド・オピニオンとは、納得のいく最善や最良の医療にアクセスできるために、現在診療を受けている主治医の「第1の意見」ファースト・オピニオンとは異なり、別の専門医師に「第2の意見」を求めることです。「第3の意見」「第4の意見」として求めてもよいでしょう。注意しておきたいのは、ほぼ素人に近い医師で形成されているクリニック免疫治療や民間病院で実施されている粒子線治療などです。自らの商品を売るためのビジネス誘導として、平然と根拠のない甘言を囁きます。

さて、現在の主治医から説明された病状や治療方針について、説明内容がよくわからない、納得のいかないことも多々あるかもしれません。あるいは、「他にもっとよい選択肢はないのか?」「自分の価値観に合った代わりの治療は?」と思われる場合もあるでしょう。その際に、セカンド・オピニオンを受けることで、今ある主治医の意見を別の角度から検討することができます。もし同じようなオピニオンが説明されたとしても、それは決して無駄ではなく治療に対する理解や安心が深まることにもなるでしょう。
 別の意見が提示された場合には、治療選択の幅が広がることで、意思決定の質を高め納得した医療をより賢く選択できることにも繋がります。

主治医に嫌な思いをさせて失礼だとか、転院が前提だと思っている方もいらっしゃいますが、決してそうではありません。現在の主治医になんら遠慮する必要はなく、セカンド・オピニオンは、効率よく自身の唯一の「がん」について正しい基準でしっかり考える機会を与え、納得して治療を受けるための患者さんの当然の権利といえます。
 そうはいっても、進歩する医学に謙虚さを欠き、いまだに自分が絶対的な父親役である(パターナリズム)と勘違いしている医師の中には、セカンド・オピニオンを好ましく思わない者もいるのは事実です。実際に、セカンド・オピニオンを申し出た途端、主治医が不機嫌になったり、うちの病院から出ていってください、と言わんばかりの悪態をつかれる話も多く聞かれます。
 セカンド・オピニオンは患者さんの大切な権利であり、それを依頼して感情的に嫌な対応をされた場合には、自らの人生を預けるに値しない資質の小さな医師と考えてよいでしょう。

現在のがん医療は、過去と比べて確実に進歩し、高度化しているのは本当です。しかし、素朴な医学しかなかった過去の時代には存在しなかったはずの「がん難民」が、確実に増え続けているという事実もあります。それは、「患者さんの幸福度が、医療の進歩に比例して高まっていない」ということを意味します。

「がん難民」を生み出す大きな要因のひとつとして、「対話(コミュニケーション)不足」があります。これは、医師と患者さんのコミュニケーションだけを指しているわけではありません。職種を越えた医療スタッフどうしの対話、患者さんとそのご家族との対話なども含まれます。
 たとえば、しばしば見聞する悪いケースの話でありがちなのは、ある外科医は病気全体についての詳しい説明をせず、手術で「切れるか否か」のみに終始してしまいます。それで確実に治ればよいのですが、もし手術後に再発してしまった場合は、「これからは抗がん剤が必要なので、外科は卒業。腫瘍内科に行ってください」となるわけです。ある腫瘍内科医は、治療の真の目的が患者さんに理解されないまま、エビデンス通りの抗がん剤治療のみに専念してしまいます。抗がん剤の使用のみが目的化され、使える薬がなくなれば「緩和ケアに紹介します」「余命○カ月」とかんたんに伝えてしまいます。興味があるのは、臨床試験や治験データの方ばかりになっていまします。ある緩和ケア医は、「抗がん剤をやっている最中ならば診ない」と言い放ったり、医療用麻薬への理解が不足したまま不適当に使用してしまったり、挙句の果てには外科医や腫瘍内科医をイタズラに非難したりもするわけです。

このような場面に遭遇してしまうと、患者さんにとって本来繋がっているはずの、どれも大切な一連の治療が分断して扱われ、主治医との対話も途切れ、目の前にいる医師との長期的な信頼関係を築くことが難しくなってしまいます。そうなると、必然的に対話が不足し、安心や納得が不足した「がん難民」と化していくのだと思います。
 上記のような「ドライな分業医療」は、むしろ信頼を寄せられやすいがん専門病院や大学病院の現場にこそ目立って存在する大きなジレンマだといえるでしょう。

がんという病気は不確かなことが多く、いくら最善を尽くしても、必ずしも期待通りの結果に至らないことも少なくありません。絶対確実な治療やゼロリスクなどもありません。だからこそ、それらを理解したうえで、過去には経験し得なかったような情報過多、複雑さの中から、重要な意思決定が求められるわけです。少しでも質の高いセカンド・オピニオンに巡り合えることを願います。

大場 大

大場 大

東京目白クリニック院長 医学博士 外科学・腫瘍学・消化器病学の専門医。大学病院レベルと遜色のない高度な医療が安心して受けられるクリニック診療を実践しています。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

大場 大

大場 大

外科医 腫瘍内科医 医学博士     1999年 金沢大学医学部卒業後、同第二外科、がん研有明病院、東京大学医学部附属病院肝胆膵外科 助教を経て、2019年より順天堂大学医学部肝胆膵外科 非常勤講師を兼任。2021年 「がん・内視鏡・消化器」専門の 東京目白クリニック 院長に就任。これまでになかった社会的意義のある質の高いクリニックを目指す。書籍、メディア掲載、講演、論文業績多数。

最近の記事

  1. YomiDr.ヨミドクター記事に対する批判的吟味

  2. 国内製薬業界に潜む不都合 5-FU問題

  3. これって進行?奏功? 忘れがちな RECIST 評価についてのまとめ

ランキング

  1. 1

    お腹が痛い…調べても問題ないから精神科?過敏性腸症候群について

  2. 2

    (再掲)『近藤誠理論』を科学的に吟味する

  3. 3

    短絡的な「慢性膵炎」の診断にはご注意を

記事カテゴリー

TOP